30歳までカナヅチだった私が(少し)泳げるようになった

30年間かなづちだった私。

 

シュノーケリングで海の世界の虜になってから、いつか泳げるようになって、ダイビングをしたいと思うようになりました。

 

近くのプールに通いYouTubeを見ながら練習するも、

クロールの息継ぎがどうしても上手くならず、半ば溺れながらの25メートルが最長記録、自己流に限界を感じていました。

 


これではラチがあかないと、ジムの水泳教室に通うことにしたところ、2回目にして手応えが!!

さすがプロの先生は違う!!

 

間違っていたポイントがわかり、楽しくなってきたのですd=(^o^)=b




その時、指導いただいたポイントは6つ。


その1.水中での呼吸は「フーーーーーン、パッ、スーーーーー」


その2.息を吸うときは、骨盤から身体を斜めに

 

その3.手を回しはじめると同時に「パァーッ」と息を吸う

 

その4.手で水をかきおわったら、力を抜いて戻す

 

その5.手で水を掴む


その6.両手を拮抗させ、大きく伸びる

 

 




今日はその1、水中での呼吸法をご紹介します。

 

 

その1.水中での呼吸は「フーーーーーン、パッ、スーーーーー、フーーーーーン、パッ、スーーーーー」


水泳と陸上競技の最も大きな違いは、水中に空気がないこと。


そのため、水中での呼吸法がマスター出来ているかが、楽に長く泳ぐためのキーポイントになるそうです。

 


呼吸の仕方は、フーーーーーン、パッ、スーーーーー。

まずは陸上で練習しましょう。



フーーーーーン 

: 鼻から息を吐く


パッ

:体を出すとき、口から残りの息を吐く


スーーーーー

:口から息を吸う



フーーーーーンで、全ての息を吐ききるとパッが出来なくなるので、ご注意を。



馴れたら、テンポよく呼吸します。


フーーーーーン、パッ、スーーーーー、フーーーーーン、パッ、スーーーーー、フーーーーーン、パッ、スーーーーー、フーーーーーン、パッ、スーーーーー、、、



出来るようになった方は、クロールのからだの動きをつけてみましょう。


それも出来たら、水中でレッツトライです!


泳ぎに慣れていないと、水中にいるだけで慌ててしまうこともありますよね。


そんなときも呼吸だけはしっかり続けられるように、体に染み込むくらい練習しましょう!

By, 水泳教室常連のおばあちゃん



その1はここまでです。



皆さん、私と一緒に楽しい水泳目指して頑張りまっしょうd=(^o^)=b