内閣とは??

社会人になって今更人に聞けない一般常識を復習し、

まともな大人になろうという企画。

1日1ワード、新聞に出てきた言葉を深読みします。

 

 

◎内閣とは?

皆さん、内閣って誰が、何のために、何をしている組織なのか、理解していますか?

内閣総理大臣内閣官房長官、議院内閣制、、、などなど。

学校のテストに出ましたし、言葉自体は馴染み深いものですよね。

しかし私は、恥ずかしながら、社会の中でどう機能しているのか、

全くイメージがわきません。。。 

 

◎内閣とはどんな場所なのか?

三権分立」の、行政を担う。

法律や予算に沿って、行政機関である「省庁」を動かしていく。

 

一般企業に例えるとこんなところでしょうか。

・内閣:役員会(方針決定)

 →省庁:各部署(実行)

・国会:本部組織(ルールへの落とし込み)

・裁判所:監査(チェック)

 

 

◎内閣って何?

内閣のトップが、「内閣総理大臣」。つまり安倍首相です。

その下につくのが、閣僚と呼ばれる国務大臣

内閣は、総理大臣を含め、MAX19人(東京オリンピックまで)の国務大臣で構成されています。

日本を動かす19人!なんだか急にかっこよく見えてきました!

 

 

◎どうやって総理大臣になるのか?

憲法によると、国会議員なら誰でも内閣総理大臣になれます。(第67条第1項)

ただし、国会議員による指名選挙で選ばれる必要があるため、

慣例として、指名選挙には各党のトップが出馬し、

第一党(議席最多の政党)の党首が指名される形で内閣総理大臣になってきました。

 

内閣総理大臣の任期は決まっていません。 

在任日数の過去最長は、桂太郎の2,886日(8年弱)。

安倍さんは2017年4月19日現在で、1,943日。

歴代5位の小泉さん(1,980日)に迫っています!すごい人気ですね!

 

 

国務大臣になるには?

国務大臣は、内閣総理大臣が選び、過半数国会議員と定められています。

民間から大臣を選ぶことも可能で、大学教授や大手企業の役員から選出されたこともあります。(竹中平蔵や向井忠晴など)

 

よく耳にする「内閣官房長官」も国務大臣の1人。

内閣官房長官は、内閣官房(官邸とも呼ばれる)のトップ、総理大臣の右腕的存在なんですね。

 

国務大臣は何をしているの?

国務大臣は、各省庁のトップを担います。

普段はそれぞれの仕事をし、火曜・金曜のみ会議「閣議」に参加。

法律や政策にのっとって、重要議題を話し合います。

この閣議で決まった「閣議決定」に基づき、大臣は各省庁の仕事を進めます。

役員会議のようですね!

 

ちなみに、昨日(2017/4/18)の閣議では、

北朝鮮への輸出・輸入に承認義務を課すかどうかが話し合われた模様。「決定」となっているので、今後、北朝鮮との自由な貿易ができなくなりそうです。経済制裁の一波なのでしょうか?

 

以下のページに閣議の議題や、議事録が公開されています。

閣議 | 首相官邸ホームページ

国務大臣の一週間のスケジュールも公開されている方がいました(過去)

就任一週間 | 衆議院議員 河野太郎公式サイト

 

 

◎内閣の役割とは?

なんとな~く、組織が見えてきましたね。

でも、内閣の役割って、閣議で重要案件の方針を決めるだけなのでしょうか?

 

そのほかに、こんな仕事があります。

・法律案を作成し、国会に提出

 (実質は、省庁が作成。議員にも法律の発案権があります)

・予算案を作成し、国会に提出

 (予算の発案権は内閣だけが持っています)

・外国と条約の締結

 

 いっそがしそうですね!

 

 

◎各組織との関係性は??

会社なら、「あの会社、管理部と営業部隊が対立してるらしいぞ」など

各セクターの力関係は様々ですが、そこについてはどうなんでしょうか?

 政治家と官僚は対立している、とよく聞きますが、、

 

 

次回は、「官僚」について調べながら、政治の内情を深堀りしたいと思います。

お楽しみに!

 

 

 

 

-